-

ありふれた初心者向けのFXのテキストでは「マイナスになった時はナンピンして平均の価格を抑える」等と述べられていると思いますが正直に言うとそれはかなり大きなリスクがあると思います。ナンピン買いの原理に関して手短に述べておきます。仮に1ドル100円でドルを買ったとする。$買いですから、ドル高に向うほど利益が出るわけだが不幸にして95円まで円高・ドル安に向ってしまったとします。そのままの場合保持し続けたとしたらマイナスをなくすためには、損した分、円安に向う必要があります。誰でも、マイナスはなるべく早く無くしたいと思うでしょう。この状況を乗り切るためはじめに取引したのと同じ額の$(ドル)を、1ドルを95円で買います。これで、ポジション全体の平均の価格は1ドル=97.50円まで低くする事が出来ます。2.50円の幅で円安ドル高が進めば赤字を失くせます。この流れがナンピン買いの原理です。こういうふうに、ナンピン買いの手法を理解すると「納得だ」と思ったりするが、為替は容易には思い通りにはいきません。そもそも、1ドル=95円以下にならないとは、なんびとも分かるはずがありません。もし、相場が強い円高動向だとしたら95円では止まることなく、円高に向うリスクがあります。ひとつの例として、1ドル97.50円でナンピン買いをした場合に、1ドル95円までドル安になっとしたならば、ナンピンした分にも、差損が生まれてしまいます。こういう状態では初めに注文したドルと同時にダブルでマイナスが生じます。このように、ナンピン買いは難解です。それならば、マーケットが自分の物語とは反対にどんどん進んでしまった場合、いかなる方法で危険の確率を回避すればいいのでしょうか。ここで選択できる選択肢は多くはありません。最初のひとつは執着しないで、損失を確定する事です。別の方法としては今、持っている買いポジションを少なくする事によって、もう一度市場が元のようになるのをひたすら待機する事だけです。相当主体性のないやり方だとみる人もいると思います。しかしながら、買いポジションに差損が生じた場合一番正しい手法はそれ以外には期待できない。当然、理屈の上では、ナンピン買いするという手段もあるように思える。だけどナンピンはあなたがマイナスになっている場面にもかかわらずポジションを無くすどころか、それとは反対に買いポジションを積み重ねていく対策です。それでは、危機を回避することなど、どう頑張っても不可能だ察するべきです。ナンピン買いをし続ければいつかはマイナスがプラスになるかもしれません。しかし、そうなる先にお金は足りなくなってしまいます。